銀行カードローンを審査、金利、即日で比較



カードローンとは?

カードローンとは?

カードローンとは、「使途自由」「個人向け」「無担保」「保証人なし」のローン商品のことを指します。

「使途自由」「保証人なし」「無担保」の個人向ローン商品

「使途自由」とはどういうことかというと、住宅ローンや学資ローン、自動車ローンのように、「家を買うため」「学費のため」「自動車の購入費用のため」など、「使途=使いみち」が限定されているローンではなく、どんな目的のためにでも借りたお金を使えるローンのことを指します。生活費に使っても、レジャーに使っても、投資資金に使っても、他のローンの返済用に使っても構わないのです。ただし、「事業性資金」には利用することができません。

カードローンの返済方式は「リボルビング払い」というものが採用されています。「リボルビング払い」とは、クレジットカードなどでなじみの深い、いわゆる「リボ払い」のこと。一括返済ではなく、毎月一定額ずつ返済していく方式のことを言います。カードローンで多く採用されるのは残高スライドリボルビング方式と言われるもので、借入残高に応じて毎月の返済額が決まってくる方式です。例えば、10万円の借入残高があった場合に毎月の最低返済額は4000円というような形で残高に応じて決まってきます。

この「リボ払い」では毎月の返済負担を軽減することが可能ですが、残高が減ると最低返済額も減ってくるので、なかなか完済にいたらないケースもあり、返済期間がのびてしまうデメリットも併せ持ちます。返せるときには繰り上げ返済で最低返済額以上に返済することが重要と言えます。

「保証人なし」「無担保」のローン。カードローンは、お金を借りる際に必要な保証人や不動産などの担保が必要ないローンのことをいいます。基本的にほとんどのカードローンはすべて無担保ですが、中には担保を必要とするカードローンもわずかながら存在しているようです。有担保の場合は無担保に比較すると低金利で借りられるケースが多いです。有担保のローンというのは、住宅ローンや自動車ローンが代表的なものになり、返済が困難になれば担保は金融機関に没収されてしまいます。その代わり金利は2%~3%と無担保のカードローンと比較すると非常に低金利になるのです。

しかし、近年親戚や家族関係も希薄になり、お金を借りるための保証人を用意することが難しくなってきました。そのような背景もあり「保証人なし」「無担保」で利用できるカードローンが人気を集めているのです。

カードローンは決められた枠の中であれば、いつでも借り入れが可能

カードローンの一番大きな特徴としては、審査の上決められた金額の範囲内であれば、ATMなどを利用していつでも何度でも借り入れをすることが可能な点です。この金額のことを極度額や限度額などと呼びます。また「枠」という表現もこの限度額に使うケースが多いのです。例えば「200万円の枠をもらった。」「枠を増額して120万にした」「審査では10万の枠しかもらえなかった」というような使い方です。50万円の枠を持っていて20万円しか使っていなければ、必要な時にいつでも残りの30万円分はコンビニのATMなどで引き出すことが可能なのです。また、そこから10万円返済すれば利用可能な金額は増えて40万円分はいつでも借りることができることになります。

コンビニがある場所であれば、いつでもお金を借りられるというのは、どうしても必要な時に街中に自分のお財布があるようなもので、非常に便利に利用できます。「デート代が足らないとき」「急に大きな買い物をしなければならないとき」「急に海外旅行に行くことになった時」・・・など多くの場面で活躍します。非常に利便性が高いローンなので、「少額でいいから、気軽にコンビニなどで給料日前などに借り入れをしたい」というような20代、30代の方のカードローン利用が多くなっているのです。また、半年から1年以上きちんと返済している実績が積み上がってくると、この枠の増額なども依頼することで対応してもらえる可能性があります。

カードローンとクレジットカードのキャッシングとの違い

最近、カードローンとクレジットカードのキャッシングが同一の意味を持つものとして扱われていることが多いですが、その二つの間の違いには返済方式の違いがあるのです。

  • カードローンは返済方式は残高に応じて返済額が変わるリボ払い
  • クレジットカードのキャッシングは返済方式が翌月一括返済(※キャッシングリボというリボ払いも選択可能)
  • 金利はカードローンの方が低金利

クレジットカードのキャッシングの方がカードローンよりも世間的なイメージは良いかもしれませんが、実際には金利が高いので利用者にとってはメリットが高いのはカードローンなのです。ただし、「キャッシング」という言い方をするときは、消費者金融のカードローンと同様の意味で使われることもあります。

カードローンを扱っている業者

カードローンを扱っている業者は一つではありません。主に銀行、信販会社、ネット銀行、大手消費者金融、中小消費者金融、クレジットカード会社に分類できます。それぞれの業種ごとに審査の速さ、金利の高い低いなどの違いがあります。また、返済期間や上限額など様々な違いがありますので自分の用途に合ったカードローン選びが重要になってきます。

カードローンの種類

注目の消費者金融カードローン

ランキングアイコン1位プロミスカードローン

はじめての方に30日の無利息期間を用意!※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要。毎月の最低返済額が5万円借入時2,000円。大手消費者金融の中では上限金利が17.8%と最安!

●金利
年 4.5%~17.8%
●限度額
1~500万円
●最低返済額
5万円借入時 2,000円
商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン2位モビットカードローン

10秒で簡易審査結果表示。審査スピードも早く、限度額も800万円と高い。電話連絡なし、郵送物なしのサービスの利便性が人気の理由。金利も低金利に設定され、最低返済額も10万円借入時に4000円と低い

●金利
年 3.0%~18.0%
●限度額
1~800万円
●最低返済額
10万円借入時 4,000円
商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン3位アイフルカードローン

審査通過率も大手消費者金融の中で2位。約定金利平均の低さも大手消費者金融の中で2位とバランスの良いカードローン。返済対応などでも親身に相談にのってくれるなど顧客対応に高い評価!

●金利
年 4.5%~18.0%
●限度額
500万円
●最低返済額
10万円借入時 4,000円
商品詳細、口コミを見る

 

注目の銀行カードローン

ランキングアイコン1位みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン

上限金利年14.0%は銀行カードローンの中でもトップクラスの低金利!。最大800万円までの高額な借入が可能。上限金利の低さとメガバンクの安心感で人気のカードローン!

●金利
年 2.0%~14.0%
●限度額
10万円~800万円
●最低返済額
100万借入時1万円
商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン2位三菱東京UFJ銀行カードローン三菱東京UFJ銀行カードローンウェブサイト

テレビ窓口でのスピード発行は大きな魅力。提携コンビニATMで土日祝日、夜間利用しても手数料0円と利便性も高い。低金利で毎月の最低返済額は2000円と業界トップクラスの安さ

●金利
年 1.8%~14.6%
●限度額
~500万円
●最低返済額
借入利率年8.1%超は返済額2,000円、年8.1%以下は返済額1,000円
商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン3位りそな銀行カードローン

メガバンクよりも上限金利が低く、さらに最短即日審査のスピードを兼ね備えたカードローン!ご利用にあたってはご契約内容をご確認のうえ、無理のない返済計画を

●金利
年3.5%~12.475%(変動金利)
●限度額
最大800万円
●最低返済額
借入れ額によって変動
商品詳細、口コミを見る

 

当サイト利用者実績数
41万48027人

※2017年8月時点 自社調べ。

カードローン最新ニュース

article thumbnail

カードローンは保険証を提示すれば在籍確認がなくなる!? 「会社に電話される「在籍確認」が、ばれないとわかっていても嫌だな。」 と思う方 [ ... ]

カードローン審査 早わかり動画